〜心字池〜

心字池造園費は昭和43年に創立80周年記念事業として、同窓会教育振興協力費から当時の金額で45万円が計上され、昭和46年に管理棟が完成し、それにふさわしい造園計画が昭和47年に実行された。

当時の校長である荻原良也校長は、前任地、栗原農業高校環境緑化の体験から、昭和46年秋に山本壌教諭・柳田慶一教諭・山田諄教諭3名を吉田島(神奈川)・静岡(静岡)・宇都宮(群馬)の3農林高校へ派遣し視察研究を命じた。また教職員13名による環境緑化結成され、委員長には林産科長・山本譲教諭が互選。企画・実地指導の中核には造詣の深い山田諄教諭であり、補佐をしたのが佐藤節志助手である。また、生徒会にも各級代表37名から成る実行委員会がつくられ、全生徒・全職員が結集し、第4期の工事により完成した。
第1期工事
冬から初春にかけ学校ブルドーザーによる排土・地ならし
第2期工事
春季休業中、L字型溝の施工
第3期工事
池底のコンクリート叩き側面の大玉石乱れ済み、芝張り
第4期工事
池工、玉石練堀の完工、中庭の施工、その他の緑化

平成28年6月17日(金) 今年も年1回の心字池清掃を職員で行いました。池の鯉にとって災いの日です。 

心地池清掃委員長交代 心地池
 旧委員長 相澤貴裕から
        新委員長 丹野康治へ
 ある日の心字池
 
歴代委員長名
清掃前
清掃前
水抜き
水抜き
鯉の捕獲
鯉の捕獲
生け簀の鯉
鯉の捕獲
鯉の捕獲
職員による清掃開始
清掃
清掃
清掃
清掃
清掃
清掃
清掃
清掃
清掃
清掃
清掃
清掃・最終泥抜き
後片付け
清掃後の心字池 
清掃後の心字池
清掃後の心字池
清掃後の心字池