沿革

1882年遠田郡涌谷町刈萱町に私立養蚕伝習所として設立
1888年遠田郡立養蚕伝習所となる。この年を創立の年とする
1901年小牛田町に移転する
1902年現在の場所に校舎完成
1910年県に移管され,宮城県立小牛田農林学校と改称
1919年宮城県小牛田農林学校と改称
1948年宮城県小牛田農林高等学校と改称
1997年農業技術科と総合学科の2学科、男女共学となる
1999年現在の校舎が完成
2005年新体育館完成
2006年プール完成
2008年創立120周年記念式典挙行
2012年弓道場完成

教育計画

 教育目標

 教育基本法並びに学校教育法に従い、人格の完成を目指し、民主的で平和な国家及び社会の健全な発展に寄与する人材を育成する。

1 個人の尊厳を重んじ、真理と正義を愛する心身ともに健全な人間を育てる。

2 勤労の精神を重んじ、自主的精神に充ちた豊かな人間を育てる。

3 知識を広く求め、公正に判断し誠実に実践できる創造性豊かな人間を育てる。

4 社会において果たさなければならない使命を自覚し、自主的に職業を選択するとともに、個性を伸長し、自己実現を図る人間を育てる。

 経営方針

1 将来の社会生活において生徒が自分の頭で考え行動し、多くの社会的経験と試練を乗り越えて自己実現を果たし、公益に貢献できるよう、教職員が一致団結して平成24年度宮城県基本方針・教育施策に従い、本校校訓(自律・進取・至誠)並びに教育目標の達成を目指し『生徒が誇りにできる魅力ある小牛田農林高校』を目指す。

2 生徒の人格形成は以下の3点を目標とする。

  1. ① 高い志をもち,夢を抱き,生徒が主体的に学び進路実現を目指す学校づくりを推進する。
  2. ② 教職員の和を重んじ,連帯・協調を深め,創意を生かした意欲的な教育実践を行う学校づくりを推進する。
  3. ③ 地域,保護者から信頼され支援・協力が得られる学校づくりを推進する。

3 教職員の和と総力を挙げての学校運営により教育内容の改善に果敢に取り組み、本校を中心とした地域社会との連携と信頼され支援・協力が得られる学校づくりを目指す。

 平成30年度重点目標

1 基礎的な学力の定着と学んだことを活用して自ら考える力の育成。

2 自他を尊重し,社会の一員としての規範意識を身につけた,豊かな心と社会性の育成。

3 系統的なキャリア教育の推進と個々の生徒に応じた支援の充実。

4 心身の健康と安心・安全教育の充実。

5 家庭・地域社会と連携を深めた開かれた学校づくりの推進。

6 教職員の協働意識を高めた組織の充実と資質向上。

7 創立130周年記念事業に向けた諸準備の推進。

 スローガン

 『「温故知新」古きを温め新しい世界へ』


校訓

自律 自分のことは自分で規制して行う

進取 新しいことに積極的に取り組む

至誠 物事に精一杯の真心をもってあたる


生徒数・職員数

 在籍生徒数

(1)平成30年度入学生(第1学年)

農業技術科 総合学科 合計
農業科学
コース
農業土木
コース
19 37 33 89
21 1 85 107
40 38 118 196

(2)平成29年度入学生(第2学年)

農業技術科 総合学科 合計
農業科学
コース
農業土木
コース
21 31 31 83
18 9 89 116
39 40 120 199

(3)平成28年度入学生(第3学年)

農業技術科 総合学科 合計
農業科学
コース
農業土木
コース
14 36 43 93
26 4 74 104
40 40 117 197

 職員数

職名人数
校  長1
教  頭1
教  諭 39
養護教諭1
実習助手等8
事務職員6
技師(巡視)1
技師(庁務)1
技師(農業業務) 1
講  師 4
非常勤講師 10
臨時職員 3
連携コーディネーター 1
スクールカウンセラー1
A L T1
校  医 5
薬 剤 師1
合  計 85